HOME>アーカイブ>卒業生がどんな進路を経たのかを調べること

狭き門をかいくぐる

マイク

アニメの人気の高まりや新たなメディアの登場により声優という職業の需要も高まっています。しかしながら、間口は広がっていますが依然として声優という職業は狭き門であることは否めません。現在、声優として活動している人たちは、その狭き門をかいくぐった先鋭ばかりであることを知っておく必要があるのです。ただし、新しいメディアが登場したことでオールドメディアだけの時代に比べて声優の仕事も多様化しています。そうした現代のニーズに合致した人材を育成するための努力を専門学校も地道に行っているため、卒業後は新たな活躍の場を見つけることができる時代が到来したと言えるのです。

働きながら通える学校

マイクとヘッドホン

声優は誰にでも道が開かれていますが、依然として狭き門であると言われる仕事です。そこで、声優を養成する専門学校では、働きながら声優やナレーターを目指すことができるコースを設けています。全日制の過程に比べて学校へ通う回数が少ないので、仕事と学業を両立させることができます。さらに、学費の面でも優遇されているので、生活の安定を維持しながら新たな夢に向かって一歩一歩確実に歩んでいくことができるシステムが確立されています。

学校選びは卒業生の進路に着目すること

マイク

専門学校を選ぶ際のポイントは、卒業後の進路です。専門学校を卒業した後にどのような進路があるのかを入学前に調べておくことは、とても有益なことです。もちろん、専門学校を卒業して声優になれればそれほどラッキーなことはありません。しかしながら、現在声優として活躍している人の多くが、専門学校や養成所を出た後は違った仕事をしながら声優を目指していた時期があるものです。声優やナレーターになるための進路や選択肢を見つけられます。

広告募集中